44歳・セミ世捨て人の遊びと学び

“不惑の四十”なんてとんでもない!、最も悩み、迷うのが、40代だ。 だからこそ、遊びと学びで楽しい人生へショートカット。 そして、不惑を超えて“無敵の50代”へ、ゴー!

“見た目”を決める要素①体型維持_消耗しない労働_続きⅡ

2015-10-20に投稿した『“見た目”を決める要素①体型維持_消耗しない労働』の続き。

 

会社との関係を維持するボクのスタンスは、このとおり。

「最低限の責任を果たすことを前提とし、結果を出し続けることに徹する。消耗しない労働の範囲内で付加価値を乗せることを忘れない。」

 

(特に40代の)サラリーパーソンが消耗しないで労働し続けるための3つのポイントの中の一つは、「重責制限」。

 

  Ⅰ. 時短化・・・拘束される時間を最短化する。

  Ⅱ. 重責制限・・・重い責任の回避・分散には腐心する。

  Ⅲ. 表面的従属・・・むやみに抵抗せず、時には逃走する。

 

「時短化」に続き、これも難しいことではない。

できるだけ会社で担う業務を制限し、できるだけ責任が軽い仕事を選ぶことで、運動する気持ちの余裕を確保し、ストレスが食事に影響しないようにする。

苦手な業務は、それを得意とする同僚にやってもらう。

難しい業務は、一応精一杯やってみた後に同僚や上司へ託す。

重い責任は上司が、もっと重い責任は一部の幹部が、負うべきだ。

 

(特に40代の)サラリーパーソンにとっての必須事項は、会社以外の社会とのつながりだ。“外の世界”を開拓し、会社と適度な距離を保ちながら、趣味や好きなこと、楽しいことに全力を注ぎ込みたい。もちろん家族との関係も重視する。

 

  ・会社以外の社会とのつながり

  ・趣味や好きなこと、楽しいこと

  ・家族との関係

 

 

44歳の誕生日から始めたブログ(本ブログではない)は、“外の世界”とのつながりを模索する手段の一つだ。

ブログ一周年となる45歳の誕生日には、会社以外のできるだけ多様な人たちと向き合うことに加え、過去の自分と現在の自分を重ね合わせる。そして、無敵の50代への壁を乗り越えたいと思う。

参考にする本の一つが、これ。

 

「こころの定年」を乗り越えろ 40歳からの「複業」のススメ (朝日新書)